婚約指輪をお考えの方に一つの購入方法をご提案します。

婚約指輪、エンゲージリングをお求めの際は、

ジュエリーショップで、ダイヤモンドとリング(台座、枠とも言います)を
セットで購入するのが、常識というか当たり前なのですが、
これは、単に通例であって、そうしないと注文することができない訳ではありません。

消費が多用化している現在では、他のショップやネットで購入したダイヤのルース(裸石)を、
ジュエリーショップや、ジュエリーの創作店、加工店に持ち込んで、
婚約指輪のオーダーメイドをお願いするという方法を選ぶ方も増えてきています。
※この場合、リング(枠)の価格は一般的には9万円前後~が多いです。
※一部のジュエリーショップでは持ち込み料が別途発生し、枠を製作するのに
  価格が高くなる場合がございますが、ほとんどのお店では、
  持ち込み料などはかかりません。

ダイヤモンドは、その性質上、他の商品のように、年月が経つと劣化したり、
商品価値が下がるというものではなく、新品・中古という概念がありません。

また、カバンや時計のような“ブランド”という概念もありません。

したがって、品質だけを基準に同じ品質のルースの中で、できる限り
価格の低いものを購入するのが、賢い購入方法と言えるのがご理解頂けるかと思います。

婚約指輪をお求めになる方の予算の相場は30万円前後だと思いますのが、
この方法で賢く購入すれば、
10万円台で、通常30万円するグレードの婚約指輪を購入することもできますし、
30万円の予算で、通常50万円以上するような、高いグレードのエンゲージリングを
購入することも、可能になります。

婚約指輪に適した品質(4Cグレード)について

婚約指輪は、人生で何度も購入するものではありませんし、
色んな意味で、大切なお買い物ですので、できれば、ある程度のグレード以上の
ダイヤモンドのルースをお選び頂くことをお勧めいたします。

ダイヤモンドのグレード(4C)ごとにアドバイス致します。
1. Carat(カラット)※重さ
Caratは、重さの単位を表わしていて、1カラット=0.2グラムになります。
基本的には、見た目の大きさと考えて頂ければ良いかと思います。
大きいに越したことはないのですが、ご予算との兼ね合いがありますので
まずは、0.2カラット(直径約3.7~3.8ミリ)以上のものをお考えください。

2. Color(カラー)※色
ダイヤは無色透明というイメージがあるかと思いますが、実は
色があるダイヤモンドも存在しています。ただし、エンゲージリングに
選ぶダイヤの色はできる限り無色に近いグレートを選ぶべきです。
カラーグレードのランクは、無色に一番近いDから順番に、
E、F、G、H、I、Jという感じで黄色味を帯びていきます。
Jランク前後から、一般の方が見ても、やや黄色いなと感じるようになり、
Nランクより下であれば、パッと見て色がついてると分かるようになります。
ですから、婚約指輪として選ぶ場合は、
最高グレードのDカラーからIカラーの範囲をお勧め致します。

※因みに、DカラーのルースとIカラーのルースを横に並べて見ると、
  微妙にIカラーのほうが黄色みがかっているように見える程度です。
  Iカラーであっても、そのルースだけを見れば、ほぼ無色に見えます。

3. Clarity(カラット)※透明度
ダイヤモンドは非常に長い年月をかけて結晶化したものなので、
その途中で圧力や温度により、内部に透明ではい部分(インクルージョン)や
外部に傷のような部分(ブレミッシュ)を持っていて、
人間で言えばホクロのような生まれながらの特徴です。
その程度によって何種類かのグレードが決まっています。
クラリティグレードは、高い順に、
FL、IF、VVS-1、VVS-2、VS-1、VS-2、SI-1、SI-2、I-1、I-2 に分かれいます。
婚約指輪として、お勧めしたいグレードは、
インクルージョンやブレミッシュが肉眼では確認できない SI-1 以上になります。
I-1以下のものは、輝きも悪くなりますので、できれば避けてください。

4. Cut(カット)※プロポーション、研磨状態
カラット、カラー、クラリティはダイヤそのものの品質ですが、カットは、
唯一、人間が手を加えることで生じる品質になります。
ラウンドブリリアントカットと呼ばれる58面体の仕上がり状態のグレードが、
高い順に、
EXCELLENT、VERYGOOD、GOOD、FAIR、POOR に分類されています。

一般の方は、プロポーションの良し悪しは見た目では判別できませんが、
これがダイヤの輝きを左右する要素の一つになっていますので、
できれば、VERYGOOD以上のルースをお勧めします。
FAIR、POORのものは、輝きも悪くなりますので、できれば避けてください。


Copyright(c) 2003 Maemuki Inc. All Rights Reserved.