金・ゴールド

金は、プラチナとならんで、資産価値が安定している貴重な金属です。

昔からアクセサリーとしても世界中で広く利用されていて、

ジュエリー、アクセサリーとしての付加価値もありますが、金そのものに価値がありますので

リングの一部が欠けてされていたり、ネックレスが切れてしまっていたりしても、

金属としての価値を評価して、適正価格でお買取させて頂いております。


金はその純度(一つの金属(品物)の中に金がどれだけの割合で含まれているか)で価値が変わります。

よく、“純金”と呼ばれているものは、純度100%の金で、通称、24金 と表現しますが、

ジュエリー、アクセサリーとしては、あまり使われることがなく、

いわゆる、“金ののべ棒”として知られていますが、買取り店で扱うことはほどんどありません




ウィンズでよくお買取りさせて頂いている金は、
18金(純度75%)、14金(純度58%)、10金 でできた合金ものになります。
指輪、ネックレス、ペンダント、ブレスレット、ピアスなどですね。
金以外の割合の部分は、銀、銅などの金属が混じっています。
これらは、ジュエリーの一部に、K18、K14、K10 といった感じで
刻印が刻まれているのですが、肉眼では少し見づらいので、虫眼鏡などがあれば、
それで確認することができます。
刻印はかならずしも書き方が決まっているわけではく、
750、18K という書き方で刻まれていることもありますし、
日本製であれば、造幣局のマーク(日本国旗)が刻まれいたりもします。
↓K18の刻印例




↓750 造幣局マークの刻印例


↓750 18Kの刻印例(通称、あとK)


ちなみに、金(イエローゴールド)の台座+ダイヤモンドという組み合わせの
リングやネックレスの場合は、ダイヤモンドのグレードがあまり高くないことが多いです。
これは、金の黄色みがダイヤモンドに映り込んでしまって
ダイヤの無色性が損なわれてしまうからです。
ダイヤモンドとの相性で言えば、プラチナやホワイトゴールドが断然良いです。
金のリングの台座の部分だけをプラチナにしたコンビリングがあるのも
そういった理由があるためです。

ここまでの説明は、いわゆる一般的に認識されている金色をした金についてでしたが、
同じ金でも、見た目はプラチナと同じような銀色をしたホワイトゴールドがあります。
この品位の刻印は、K18WG と刻まれます。
ホワイトゴールドは、金がが75%、残りの一部にパラジウムが使われた合金になります。
金属アレルギーの人に向いている製品で、日本国内ではメジャーになっている商品です。


ご参考になりましたでしょうか?
使われずにお家で眠っているジュエリー、アクセサリーにも
このような刻印の入った宝物があるかも知れません。
ウィンズにお持込み頂ければ、もちろん無料で鑑定・査定させて頂きますのて
お気軽にお問合せください。
072-424-2304 まで。

Copyright(c) 2003 Maemuki Inc. All Rights Reserved.

トップへ