ダイヤモンドの買取り査定について

当店の専門的な知識を持った鑑定士が適正価格を査定しますので、
鑑定書がなくても高値買取り致します。
他店では評価されなかったダイヤモンドリングやネックレス、イヤリング、婚約指輪や、メレーダイヤ(直径1~3ミリ程の小さなダイヤ)まで
価値に見合った適正な評価を致します。

ダイヤモンドの査定方法について

ダイヤモンドの評価は

Carat(カラット)」
Color(カラー)」
Clarity(クラリティ)」
Cut(カット)」

の4Cと呼ばれるグレードに基づき買取価格を算出します。
ルース(裸石)やリングにセットされているもの、また、鑑定書がないものでも当店の専門家がグレーディングをして、適正な評価を致します。

4C --- Carat(カラット)

カラットは重さを表す単位で、1カラット=0.2グラムです。
カラット数が大きくなるほど、希少価値が高く、1カラットあたりの価格も上がります。
また、ダイヤモンドは重量と同時に、大きさ(直径)なども重視されます

4C --- Color(カラー)

ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際にはかすかに色がついているものがほとんどで、無色透明なものほど高く評価されます。アルファベットのDからZまで23段階に等級付けされ、Zに近づくほど黄色みを帯びてきます。 無色透明にに近ければ近いほど希少価値が高く、評価も高くなります。
なお、カラーのグレードはルースの状態(リングやネックレスが付いていない状態)でしか判定できないケースがよくあり、その場合は、その旨をお客様にご開示いたします。
ダイヤモンドを貴金属から外しての査定をご希望される場合は、当店で対応させて頂きますが、一度外してしまうと、元に戻すには専門業者への依頼が必要になります。

4C --- Clarity(クラリティ)

クラリティ=透明度 と考えることができます。
ダイアモンドを10倍ルーペにて拡大して検査し、インクルージョン(内包物)の有無、位置、大きさ、性質、数、色などを総合的に判断してクラリティの評価を行います。
クラリティの評価は、内包物などのない完全な透明ダイヤモンドであるFL(フローレス)を最高に、肉眼でインクルージョンが確認できるI3まで11段階で評価します。
実際には、FL、IFは、ほとんど市場で見かけることのない非常に希少価値の高いダイヤモンドです。一般のお客様が婚約指輪などでお買い求め頂くグレードは、VVSクラスからになります。
ダイヤモンドは長い年月をかけて自然が作り出すものなので、内包物や亀裂が生じてしまいます。それらがダイヤモンド内でどのくらいの比率で存在しているかがクラリティを評価する基準になります。
ある意味、ダイヤモンドの真贋(本物/偽物)を見極める上で一番重要なポイントがインクルージョンの有無になります。
合成ダイヤモンドでは、自然が作り出すインクルージョンを再現することができず、人工的な透明なダイヤになってしまいます。

4C --- Cut(カット)

カットはダイヤモンドの美しさに人間が手を加えることができる唯一の要素です。
プロポーション(サイズと角度の関係)とフィニッシュ(対称性や表面の研磨などの仕上げ状態)により、
[ EXCELLENT ] [ VERYGOOD ] [ GOOD ] [ FAIR ] [ POOR ]の5段階に評価されます。
ダイヤモンドは地上で最も固い鉱物ですので、ファセット(面)とファセットが折れたエッジは、他のどんな鉱物よりも鋭角です。
つまり、このエッジが丸みを帯びていれば、ダイヤモンドではないということが言えます。
ガラス、キュービックジルコニア、モアッサナイトといった模造石は、ダイヤより丸みを帯びたエッジになります。

補足 --- Flourescence(蛍光性)

ダイヤモンドを紫外線(ブラックライトなど)に当てると、強く光るものと光らないものがあります。
蛍光性は直接的には4Cのようにダイヤの評価に影響を与えるものではありませんが、
ダイヤモンド市場では一般的には、蛍光性が無い方が値段が高い傾向にあります。
蛍光性は、弱い順に、
None(なし)、Faint(弱)、Medium(中)、Strong(強)、Very Strong(とても強い)
に分類されていて、
Mediumよりも強い蛍光性のあるものは、価格に影響が生じる場合があります。
(注)蛍光にはBlueばかりでなく、稀にGreenやYellowなどもあります。

Copyright(c) 2003 Maemuki Inc. All Rights Reserved.

トップへ